国民健康保険についての情報をお届けします

一般の皆様(被保険者の方)


後期高齢者医療制度制度について

◆後期高齢者医療のしくみ
運営

後期高齢者医療制度では都道府県ごとに全ての市町村が加入する「後期高齢者医療広域連合」が保険料の決定・医療の給付・被保険者の認定・保健事業などの事務を行います。

  • ※市町村では、被保険者証の交付、保険料徴収、窓口業務等(届出・申請受付等)を行います。
対象者(被保険者)

広域連合の区域内に住所を有する75歳以上(一定の障害があり広域連合の認定を受けた人は65歳以上)の人。

  • ※一定の障害がある65歳以上の人は、認定を受けた日から対象になります。
  • ※「後期高齢者医療被保険者証」が1人に1枚交付されます。医療を受けるときは忘れずに提示してください。
自己負担

広域連合の区域内に住所を有する75歳以上(一定の障害があり広域連合の認定を受けた人は65歳以上)の人。

一般 1割
現役並み所得者 3割

 

  • ※現役並み所得者:同一世帯で課税所得145万円以上の所得がある人。ただし、条件により一般の区分になる場合があります。
保険料

保険料を決める基準は、各都道府県の広域連合内で一部の例外を除き均一となり、下記の組み合わせで個人ごとに決まります。また、世帯の所得に応じて保険料が軽減されます。納付方法は、原則として年金から天引きです。それ以外の場合は、市町村へ個別に納めます。

コッポちゃん 長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の詳細については、「大阪府後期高齢者医療広域連合」のホームページで見ることができます。

大阪府後期高齢者医療広域連合(外部リンク)
http://www.kouikirengo-osaka.jp/

BACK