国民健康保険についての情報をお届けします

保険医療機関等の皆様

電子レセプトの記録(作成)について
傷病名コードについて

 平成28年3月25日付けで厚生労働省保険局医療課より「傷病名コードの統一の推進について」が発出されています。下記ファイルをご参照のうえ請求の際はご留意ください。

 また、歯科診療報酬を請求する際には、同一歯式に併存する傷病名がある場合は併存傷病名を記録し、歯式の記録が必要ないとされる場合以外は歯式の記録を行うようご留意ください。

厚生労働省通知 PDF
傷病名コード1 PDF
傷病名コード2 PDF
傷病名コード3(歯科) PDF
傷病名コード4(歯科) PDF

※傷病名コード3及び4は、傷病名コード1及び2のデータを歯科診療で使用する傷病名が上位にくるよう並び替えたものです。


特定器材レコードについて

 特定器材レコードについては、器材毎に設定されている9桁のコードを使用してくださるようお願いします。777770000(その他の特定器材コード)を使用しての請求はお控えください。


添付資料の提出について

 文字で構成される症状詳記等は、症状詳記レコード(SJ)に記録し、請求してくださるようお願いします。画像以外の文字で構成される情報を添付資料として、紙媒体で提出することはお控えください。

 また、画像等の添付資料についてはDVD等の磁気媒体では受け付けておりません。

 画像等、文字や数字で表現できないものを紙媒体で添付する場合、必要事項を記載した所定の添付資料提出票を添えて提出してください。

添付資料提出票 DOCX


DPC/PDPSレセプトの詳記記録について

 複数のレセプトを総括表で括って請求される場合、症状詳記は関連するレセプトの症状詳記レコードに記録くださるようお願いします。


(例)総括表+DPCレセプト(手術料請求)+出来高レセプト

   上記の場合、手術にかかる詳記はDPCレセプトに記録してください。

BACK