国民健康保険についての情報をお届けします

一般の皆様(被保険者の方)

2021.01.21付け掲載資料(医療費助成の窓口徴収額)の訂正について 2021.02.22

 2021.01.21付け掲載資料(大阪府福祉医療費助成制度に係る窓口徴収額について)における表現について誤りや誤解を招くものがあったため、以下のとおり訂正しました。ご迷惑をお掛けして、申し訳ございません。

〇主な訂正箇所

【訂正前①】
保険者の府内、府外および限度額認定証の提示有無により患者が支払う一部負担金が変わります。

【訂正後①】
保険者の府内、府外および限度額認定証の提示有無により患者が支払う一部負担金が異なります。

(新たに制度改正が行われると誤解を招く表現であったため訂正しました。本来は制度改正はなく、従来の制度の説明になります。)


【訂正前②】
【事例2】
府外保険者 限度額認定証提示あり 大阪府福祉医療費助成制度の併用
①若人(3割負担)(28区ウ)
②高齢受給者(2割負担)(29区エ)
③後期高齢者(1割負担)(29区エ)

【訂正後②】
【事例2】
府外保険者 限度額認定証提示あり 大阪府福祉医療費助成制度の併用
①若人(3割負担)(28区ウ)
②高齢受給者(2割負担)(30区オ)(区分Ⅱ)
③後期高齢者(1割負担)(30区オ)(区分Ⅱ)

(高齢受給者(2割負担)及び後期高齢者(1割負担)で限度額認定証が窓口で提示されるのは、30区オ(低所得)の場合のみであるため訂正しました。)


訂正後の記載は、こちらからご確認できます。

BACK

保険医療機関等の皆様